任意売却

 任意売却とは、所有している住宅を、競売ではなく、不動産業の流通ルートで売却して住宅ローンを返済することです。住宅の時価が住宅ローン残額を上回っている場合には売却して住宅ローンを精算することは容易ですが、住宅の時価が住宅ローン残額を下回っている場合には簡単ではありません。そのような場合には、延滞が長期化しているか、破産等を前提に司法書士または弁護士が債務整理に着手していなければ、住宅ローン債権者の承諾を得ることが困難です。

任意売却のメリット
任意売却は、一般的に、競売に比べて高い金額で売却することができます。高い金額で売却できるということは、それだけ、住宅ローンの返済額が多くなるということです。

もしも、売却代金で住宅ローンが完済できるのなら、高い金額で売れれば売れるほど、手元に多くのお金が残ることになります。

また、任意売却の場合には。交渉により、住宅ローンの返済金額から引っ越し費用の一部を出してもらうことがあります。これは、住宅ローン債権者も一日も早い解決を望ん

でおり、引っ越し費用を負担してでも早く退去してもらいたいという考えがあるからです。

任意売却は、通常の不動産売買と同様に不動産業者が仲介して販売を行いますので、競売のように公表されることはなく、プライバシーを守ることができます。

任意売却のデメリット
住宅ローン債権者の協力を得て任意売却を行っても残金が残る場合(「オーバーローン」、「損切り」などと呼ばれています)には、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されます。したがって、数年間はクレジットカードを利用したり、ローンを組むことができなくなります。

Comments are closed